やさしい和風だしの製造工程

 

原料の製造工場がある静岡県焼津市のマンホール。

 

「鰹」が描かれています。

 

  製造工程

 

焼津で水揚げされた冷凍の鰹。

鰹節に向いた、鮮度の良い、脂肪分の少ない鰹を仕入れ、工場内で解凍されます。

 

 ↓ ↓ ↓

 

解凍した鰹は頭、内蔵、尾を除去した後煮かごに並べ、

煮熟(しゃじゅく※ボイルすること)します。

その後放冷し、一尾づつ丁寧に骨を抜いていきます。

 

 ↓ ↓ ↓

 


焙乾用のセイロ網に並べ重ね、焼津式乾燥機にて焙乾(薪で燻す事)します。

次に急造庫(きゅうぞっこ)にて焙乾と

あん蒸(焙乾を休ませ、節の中心部の水分を表面に引き出す事)を繰り返し、

鰹節(荒節)ができあがります。

 

 ↓ ↓ ↓

 

出来上がった荒節は同じ工場で粉末化され、宗田かつお節や昆布の粉末等、

他の原料とブレンドされて やさしい和風だしの中身ができあがります。

 

スカイ・フード
自然の恵み村
取り扱い店舗情報
お問合せ